奈緒はカウンターの後方にあるカップボードにカップを丁寧に戻しながら、昼の出来事を思い出していた。

『久しぶり。俺、春からそちらに行くことになったから。たまには遊んでくれよな』

お気に入りのカフェで親友の加菜を待っていた時、幼なじみの孝太郎からメールが届いた。

高校生活を野球に捧げていた孝太郎は、一浪していたのだが、奈緒の住む町に来ることが決まったということは、この度めでたく難関大のN大学に合格したということだった。

そのことを何気なく加菜に話したら、

『その彼の歓迎会、やりましょう!友達は多い方がいいもの』

という展開になったわけで。

この作品のキーワード
純文学  シリアス  禁断  純愛  准教授  切ない  年の差  じれじれ  海野かもめ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。