4月。

初々しい一年生たちがキャンパスを明るくしているのを見ると、新しい季節の到来を実感する。

「今日からだね。新しい先生」

研究室への廊下を歩きながら、加菜が言った。

「どんな先生だろうね」

短大でのメインの授業は、やはりゼミだ。

そして就職の相談も、学生課のほかにゼミの先生が担当するので、ゼミの先生がどんな先生なのかはとても重要なことだった。

民法研究室の前に着くと、扉には「阿久津涼介」という名前が掲げてあった。

「あくつ、りょうすけ……」

札に書いてある字面をそのまま口に出して読みながら、まるで俳優みたいな名前だと思った。

ノックをして「失礼します」と扉を開けると、そこには、扉に背を向けて座っている男性が一人いた。

まだ他のゼミ生は来ていない。

「入ってください」

振り向きもせず、パソコンの画面を見つめている。

この作品のキーワード
純文学  シリアス  禁断  純愛  准教授  切ない  年の差  じれじれ  海野かもめ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。