ある日曜の午後。

奈緒が身支度を済ませて、アパートの外階段を降りていくと、孝太郎がサンダル姿で歩いているのが見えた。

「孝太郎」

「おう。ん?お出かけ?」

「買い物に行くんだ~。デパート巡り」

「デート?」

「残念ながら、一人です」

「じゃあ、俺も行く」

「はい?」

「ちょっとだけ待ってて」

孝太郎はそう言い残し、自分の部屋に戻っていった。

「ちょ、ちょっと!」

なんでそうなるんだ、と戸惑っている間に、あっという間に着替えた孝太郎が現れた。

サンダルもスニーカーに変わっている。

「あんた、どっかに行くところだったんじゃないの?」

「ああ、別に。ふらふらコンビニでも行こうかなって思ってただけだから」

孝太郎は、地下鉄の駅の方に向かって歩き出す。

「ちょっとぉ!」

「一緒だと、困る?」

「別に、困りはしないけど……」

「じゃ、行こう」

なんだか腑に落ちないまま、奈緒は孝太郎を早足で追いかけた。

この作品のキーワード
純文学  シリアス  禁断  純愛  准教授  切ない  年の差  じれじれ  海野かもめ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。