3月下旬、アパートの敷地に植えられている桜のつぼみが膨らみ始めていた。

この季節は、アパートの住人の出入りが激しい。

卒業して地元へ帰る人、胸ふくらませて引っ越してくる新一年生。

新しい季節の到来だ。

今日も単身用の引越屋のトラックが、アパートの前に止まっている。

奈緒は、部屋着のまま朝からだらだらと過ごしていた。

なにもしないこの非生産的な時間の過ごし方は、学生の特権だなと思う。

ぼんやりとテレビを眺めていると、ベッドに置いてあった携帯が突然鳴ったので、うんと腕を伸ばした。

「もしもし?あ、俺」

「あ、孝太郎」

「俺、さっき、こっちに着いたんだ」

「そうなんだあ。お疲れ」

「なあ。窓から下、見てみ?」

「ん?」

窓を開けて下をのぞくと、そこには携帯片手に手を振っている孝太郎がいた。

「ええぇ!?なんで!?」

「なんでって、俺、今日からここに住むの」

「うっそぉ!」

「嘘なわけないだろうが。こんだけ荷物持ってきてんのに」

そう言って孝太郎は、親指でトラックを指差した。

この作品のキーワード
純文学  シリアス  禁断  純愛  准教授  切ない  年の差  じれじれ  海野かもめ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。