「おや、雅ちゃん。パソコンでも買いに行くのかい?」

祖父の探偵事務所を通り掛かると、頭の上から声が降ってきた。

見上げると、祖父が笑いながら手を振っている。

「ご名答。流石名探偵!」
冗談で言ったのだが、祖父は照れた。

「俺の命が危ないから、そろそろ行くな!」

ここにいたら、あまりのやりたさで死んでしまう。

「行ってらっしゃい」
「ああ!」

言い終わると同時に猛ダッシュ。

あー、やりたいやりたいやりたいやりたいやりたいやりたいやりたいやりたいやりたいやりたいやりたいやりたいやりたいやりたいやりたいやりたいやりたいやりたいやりたいやりたいやりたいやりたいやりたいやりたいやりたいやりたい。

やりたいという感情を必死に押さえながら目的地の大型ショッピングモールへと向かう。

途中で数回声を掛けられたが、無視。
構っている暇などないのだ。

あともう少し。店内へ入ろうと思ったら何者かに阻止された。

「いだっ」
転んだ。
何者かに足を引っかけられ、転んだのだ。

「誰だよぉ!」
必死な俺を止めるはぁぁ!

起き上がり、相手を睨み付けるために顔を見ると

「何で春が…」
「こちらの台詞です。何故無視したんですか、先輩。」

怒っている後輩。
どうやら、話しかけてきた1人がこいつだったようだ。

「悪い。だが、これには俺の命が……」
「掛かっていません。」

どうせパソコンでしょう?と付け足すと、
彼女は呆れたような表情に変えたかと思うと

「家にあるものでよければ渡したのに……」

何故か照れた。

この作品のキーワード
電波  探偵  能力  一応ギャグ