なんて綺麗だろうと思った。



なんて輝いているのだろうと。



彼は、自由で、気ままで。
だからこそありのままが酷く眩しく見えて。


私にないものをたくさん持っていた。







この作品のキーワード
恋愛  大人  和風  書道家  大学生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。