平安京で暮らし始めてから一週間。


私はすっかり平安貴族の暮らしに馴染んでいる......なんてことはない。


相変わらず薄味の料理には慣れないし、布団がないことで毎朝体の痛みに苦しんでいる。


料理は許容範囲だとしても、さすがに布団がないのは辛いわ。


その他にも衛生面や生活習慣、とにかくこちらの世界では戸惑うことばかり。


戸惑いばかりの生活の中、今日は今までより一段と困惑した気持ちね。


懐中時計の件が進展するかもしれないという少しの期待と、それからたくさんの不安。


そう、初日の約束通り私は、今日、結婚することになる。


ただし形式上だけの。





この作品のキーワード
検事  トリップ  平安  貴族  事件  年下  正義    偽装結婚  検非違使