永遠の愛を信じていた日々が終わりを告げた。



私の全てが音をたてて崩れ去った。


何をしても何処にいても涙は枯れなかった。


真っ黒な空を見上げ、無数の星の一部になろうとさえ思った。








私は確かにあの時死んだ。



閉じていく瞼の中で生まれ変わりを信じた。



君の手で、君の声で、君の涙で、



君の傍で。








2014.11.18オススメ作品に選ばれました。
ベリカフェ編集部の皆々様に感謝します。

この作品のキーワード
未練  元彼  元カレ  絶望  別れ  破局  トラウマ  ネット 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。