いつの間にか家に着き、颯ちゃんに礼を言って家に入った。



ローファーを脱いで自分の部屋に入る。



着替える時に初めて自分でお腹の痣をみた。



「うわ、結構腫れてる‥」


私はちょっと憂鬱になりながらも、颯ちゃんが助けに来てくれた事を思い出して、頬が緩んだ。