「‥‥いかっ‥あいか‥」



この声は誰?



「‥‥おいっ‥起きろ!愛華!」



「‥ふぇ?」



「愛華、朝だよ。起きろ」


なんだ颯ちゃんか~
もう少し寝かせてよ~


「ん‥もうちょっとしたら…」



「はぁ‥襲うよ?」



「‥はっ!起きます!」



「さっさと準備しろ」


颯ちゃんはそう言い部屋を出ていった。