ただ、見つめていただけだった。


 キミとの距離を縮めたいと思いながらも



 何もできずに、友達でいた。



 この関係を壊すことすら怖くて



 ずっと臆病になっていた。



 でも、心に未だに思うのは君。



 今夜、久しぶりに会うキミにどうか、想いを伝えてもいい―――?



 公開  24.5.2
 完結  24.5.18
 転載  25.3.8 

この作品のキーワード
同窓会      同級生  幼馴染 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。