「いったぁぁ!?何叩いてんのよ!?」



「は?お前の頭は俺に叩かれるためにあるんだし」



私には、双子の兄がいる。



こんなバカなやり取りから始まる毎日…
















でも、幸せはそう長くは続いてくれなかった…
















目次

この作品のキーワード
双子  恋愛  学園