彼とずっと一緒にいたい。
だけど後ろ姿を見つめることしか
できなかった。

命がけの恋


□イメージ曲□
序盤
『春』(ヴィバルディ)
中盤
『Cruel War』(P.P&M)
終盤
『Anytime,Anywhere』(Sarah Brightman)


力作
【中編小説】

©Sayo Amane



この作品のキーワード
悲恋  純愛    命がけの恋  切ない  シリアス