美樹「はぁ~疲れた~」


今は雷炎のみんなと、屋上にいます♪


そして、今の時刻は11時30分


あたしたちのライブは1時30分から


陽「お疲れさま、美樹ちゃん」


美樹「うん…。 陽たちもお疲れ」


あたしたちは、みんな、一時間だけクラスの出し物の手伝いをしにいった。


けんちゃんが、


堅「ライブがあるけど、一時間だけクラスの出し物に参加しろ」


って、言ってきたから、仕方なく…ね


そのお陰で、あたしまち、全員クタクタ


美樹「あと、二時間…。 あたし、寝る、みんなどうする?」


陣「俺も寝る」


美樹「じゃあ、みんなで、寝よっか」


プルルルルッカチャ


堅「どうした?」


美樹「あ、けんちゃん」あたしたち寝るから、ライブ始まる20分前に起こしにきて」


堅「分かった、どこにいるんだ?」


美樹「屋上」


堅「了解。 俺も忙しいから、もう切るぞ」


美樹「はーい」


よし、これでOK


この作品のキーワード
暴走族  逆ハーレム  女総長        美少女  イケメン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。