慧「美樹、美樹! 起きろ」


慧があたしを起こしてくる。


美樹「ん~、なに? あたし、起こさなくていいって言わなかった?」


慧「言われてない。 それと、もう2時間目始まるぞ? 陽さんとの約束はいいのか?」


陽との約束…?


…………ああ! 忘れてた。 


てか、屋上とかめんどくさいな…。


秀「露骨に嫌な顔すなや。 はよ行くで。 多分、5人全員揃ってると思うで!」


あたしは秀に背中を押されながら教室を出た。


慧「ほら、行くぞ」


あれ?


なんでこの二人ついてくるの?


美樹「何やってんの? 二人は授業受けてきなよ。 屋上ぐらい一人で行けるから」


慧「ダメだ。 俺らは陽さんにお願いされてんだからな」


美樹「お願い?」


秀「そうやで~。 学校では美樹ちゃんのことよろしくね? って言われてん!!」


そういうことか…。


別にいらないのに…


仮にも……いや、仮じゃないな。 


世界トップの暴走族総長だったし…。


美樹「ま、いいや。 じゃ、ちゃっちゃと行こうか。 眠たいしね」


慧「ちょっと待て。 美樹、寝ちゃダメだぞ? 寝に行くんじゃないからな?」


うーん、眠いのはしょうがないしな~…


美樹「小さいことは気にすんな。 なんとかなるよ」


あたしは特に気にすることなく、屋上を目指す。


慧「なんとかなるって…」


呆れたような慧のため息が聞こえてきたけど、無視しよう。


あたしたちはそれから屋上に着くまで、『寝る』『寝ない』で揉めていた。

この作品のキーワード
暴走族  逆ハーレム  女総長        美少女  イケメン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。