今、美樹に俺の過去の話をした。


少し怖い…。


今まで、この話をしたのは雷炎のみんなだけ。


みんなは同情なんてせず、そのまま普通に俺と接してくれた。


美樹は…?


やっぱり、“同情”するのか…?


でも、俺のそんな考えが次の瞬間、吹き飛んだ。


この作品のキーワード
暴走族  逆ハーレム  女総長        美少女  イケメン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。