背中を這う、そろそろとした指の動き。




柔らかな唇から覗く舌に、ビクリと体は委縮する。




そんな小さな動きも見逃さず、あなたは私の腰を引き寄せた。






「……っ、んあっ、―――。」





私の、最もセンシティブなところを、―――。




私が一番望む、動きで、―――。




あなたは的確に、責めていく。





拒めないんじゃない。




私が、あなたを求めてる―――。


この作品のキーワード
浮気  元カレ  結婚  情愛  再開  密会  秘密  偽り  愛憎  裏切り 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。