君が選び、踏み出した一歩は大きすぎて。

僕は、君に追いつくことが出来なかった――――。


目次

この作品のキーワード
  青春  恋愛  別れ