朝起きると隣には綺麗な顔立ちの見知らぬ男が寝ていた…

「よし、婚姻届出しに行くか?」

「はぁ⁉」

「昨日書いただろ?」

「えっ⁉」

そこにはしっかりと私の字で書かれた名前と印鑑が押してありました…

晴れて私達は夫婦に…ってちがーうっ‼

貴方は誰? ここはどこ? 私はなぜ裸?

これは夢ですか?



この作品のキーワード
結婚  時期社長  令嬢  一目惚れ   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。