「弁護士に相談しよう」



悠介が真面目な顔をした。



「ダイジョウブだよ‼ ちゃんと自分で幸太郎と話す」



そんなに大事にしたくない。



「本当に自分で話出来る⁇ 慰謝料とか、財産分与とかちゃんと出来る⁇」



悠介が心配してくれているのは、分かる。


でも



「慰謝料なんかいらないよ。 ワタシにも悪いところがあったから浮気されたんだと思うし」



「今更なキレイゴトだね」



悠介が呆れたように溜息を吐いた。



「優里はこれから1人で生きてかないといけないんだよ⁇

お金は出来るだけ取れ。

ブランクのある27歳の再就職って、かなり厳しい事だし。

優里に悪い所があったとしても、それが浮気をしていい理由にはならない」



もっともな悠介の言葉。



「………自分には、弁護士さんとか……一生関わる事のない世界の人だと思ってた」



「一人で相談に行ける??」



悠介は、ワタシの事を1人じゃ何も出来ないコドモだと思っているのだろうか。



「うん、ダイジョウブ」



「………ゴメン、心配だからやっぱ一緒に行かせて」



何が心配なんだろう。



よっぽど信用されていない。



でも、いい歳して情けないけど、悠介がそう言ってくれて安心した。



正直、不安で仕方ない。



悠介の思っている通り、ワタシは1人で何も出来ないコドモ。



より手がかかる、やっかいな大人だ。

この作品のキーワード
浮気  不倫  裏切り  元カレ  再会  切ない  後悔    未練  泥沼 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。