剣(ケン)となら

例え一つのベッドに一緒に入っても何も起こらない。




私達を結びつけているのは友情だから。




そう思っていた。

たった今までは…






私は剣に組み敷かれながら、キスを拒んで顔を背けた。



「自分が何してるかわかってる?」


背けた顔を掴まれ、戻された視線の先の剣を睨みつける。

この作品のキーワード
TABOO  秘密の恋  オトナ女子  嫉妬  純愛  独占欲  不器用  誘惑  三角関係  男友達 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。