9歳

まだ小学四年生の子供にしては少女はたくさんのことを経験してきた



そんな少女が出会ったのが……

暴走族


本当なら悪い暴走族のはずが、
少女の凍った心をすこしずつ溶かしていった


「俺たちががおまえの仲間になって絵梨佳を守ってやる」



「じゃぁ、私は希喋のみんなを守る」

この作品ははじめて書いたので中傷はやめてください


誤字があったらすいません。



この作品を読むにはパスワードの入力が必要です。


この作品のキーワード
総長  暴走族  希喋  小学生  少女  イケメン    世界No1