今でも夢の中

君が、笑いかけている





[一至]





あの頃のままの姿で





[大好き]





「っ…」



目を覚ませば、今日も変わらぬ白い天井。



(…夢か、)



季節は今年も春と夏を越え、秋となり、いずれまた冬を迎えるのだろう



冬は嫌いだ。

その寒さに、幸せな日も悲しい日も思い出すから。





この作品のキーワード
教師  無愛想    切ない