知ってる



あなたが本当は優しくて

言葉ほど冷たい人ではないこと



自分一人嫌われるのを分かっていて

きつく言ったりすること



普段は『ガキ共』と呼んでいる生徒たちのことも、本当はすごく大切にしていて

だから『あの先生はいい先生だ』って、保護者からの評判も良いことも



知ってる、から

ツンとした態度をとられても、いくら叱られても

好きの気持ちが消えなくて

寧ろもっと、好きになっていく





この作品のキーワード
教師  無愛想    切ない