雲一つない晴れ渡った空。
太陽の光がグラウンドに差し込んで
じりじりと暑い。





まだ、夏の暑さが残る秋。

そんな日に私と彼は出会った。








小学校最後の運動会。







「50m何秒?」



「えっ!?」








100m走で同じ組の男子が話しかけてきた。
これが彼との初めての会話だった。







あなたは覚えてますか?







私はずっと覚えています。


だって・・・あの日から
私の恋は始まっていたのかもしれないから。