また聖夜(クリスマス)がめぐってくるのか……。

若き貴公子、ウェスターフィールド子爵エヴァンは、
書斎で小さくため息をついていた。

一年前のその日、彼は愛する恋人を失った。

それはまさに悪夢のような夜……。


しかし、その年の聖夜直前、

捜し求めていた恋人の消息を再び聞く。

エヴァンはすぐさま行動を開始するが……。


19世紀英国舞台の華麗なるラブロマンスをどうぞ。

5/4 完結しました。





この作品のキーワード
ラブロマンス  身分違い  恋人  貴族  イケメン  ヒストリカル  ローズマリー  エヴァン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。