お屋敷の桜の樹が、今年も華やかに

 満開の時期を迎えた暖かな春の午後。


 祐里は、五歳になった双子の優祐と祐雫と一緒に、

 桜の樹の下で過ごしていた。


 奥さまは自室の窓から、紫乃は台所の窓から、

 その様子を微笑ましく見守っていた。


「優祐ばかり、母上さまのお膝に座ってずるうございます」

 祐里の膝の上には、そこが居場所のように何時も優祐が陣取っていた。


「祐雫は、父上さまのお膝でしょう。

 毎日、お仕事へ連れて行っていただいてはどう」

 光祐さまが在宅の時には、祐雫は、光祐さまの膝の上に座っていた。


「祐雫さん、こちらへいらっしゃい。

 おはなしをして差し上げましょうね」

 祐里は、にっこりと微笑んで、祐雫に手を差し出す。


 膨れっ面の祐雫は、祐里の手に飛びつくと、

 横にぴったりと寄り添って座った。

 祐雫は、祐里の香りに包まれてしあわせな笑顔を浮かべた。

この作品のキーワード
  運命  セレブ  御曹司  独占欲  遺言  婚約  誘惑  和風  純文学 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。