その翌日には、旦那さまが出張から戻り、

 光祐さまの帰省を祝う昼食会が催されることになった。


 あやめの指示の下、普段以上に、お屋敷の隅から隅まで、

 奉公人総出で磨きあげられた。

 紫乃は、早朝から腕を振るい、祐里も嬉々として、台所を手伝う。

 祐里は、紫乃から料理を伝授されて、めきめき腕を上げている。


 光祐さまは、台所の椅子に腰かけ、

 紫乃と祐里が料理を作る様子を眺めていた。


「坊ちゃま、殿方がお台所に入るものではございません。

 旦那さまがご覧になられたら、紫乃がお叱りを受けてしまいます」

 紫乃は、心持ち嬉しそうに困った顔をして注意する。


「大丈夫だよ、紫乃。

 仲睦まじい父上さまと母上さまは、お二人で歓談中なので、

 お邪魔にならないように、加えて、あやめたちの大掃除の邪魔にも

 ならないように配慮して、ここに居るのだから。

 一番の目的は、祐里の料理の上達ぶりを監査するためだけれど」

 光祐さまは、幼少の頃から隅の椅子に座って、

 台所仕事をする紫乃や祐里との談笑を楽しみにしていた。


「まぁ、光祐さまったら」

 祐里と紫乃は、顔を見合わせてくすっと笑い合う。


 台所には、料理の湯気の匂いとともに、和やかな空気が充満していた。

この作品のキーワード
  運命  セレブ  御曹司  独占欲  遺言  婚約  誘惑  和風  純文学 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。