私は何年かぶりに枕を濡らした。
 悔しくて、でも家を出て気晴らしに働く勇気もなくて。
 なにより芳樹は働かなくていいと言うし。
 
 私ってなんなの。

 家政婦?
 ママ?
 定の良い存在?


 セックスをしなくなった私達に、子供がいない私達に、芳樹はこれ以上追い打ちをかけるなんて。 
セックスをしない、というより、楽しめないが本音か。

芳樹に連れて行ってもらったラブホテルを思い出す。
ジャグジーとか、コスプレとか、お部屋がお姫様みたいな所とか、色々あった。初体験は芳樹だったし、色々教えてくれたのも、芳樹。

でも、芳樹しか知らない。
ただ、満足だった。

他の人に訊くと、芳樹みたいな男は大抵は羨ましいと言われた。
それなのに・・・。

この作品のキーワード
結婚  ほのぼの  じれじれ  夫婦  隠し事  後輩  サラリーマン    主婦  妊娠 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。