「………………」

しいん、と静まり返る場。

皆の視線の先にいるのは、俯いて立ち尽くしたままの、スジュナ。


「…あの…クランさん、相手って、まさか」

ルトがその顔に苦笑いを浮かべ、スジュナを見つめる。

彼の問いに、クランは盛大なため息をついて「そうなのよ…」と悲痛そうに頭を抱えた。


「…ロゼ、なのよ」



…その、まさかだった。






この作品のキーワード
番外編  続編  ペルダイン  異世界  ファンタジー  奴隷 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。