「夜にひとりは危ないですよ、お嬢さん」


教会の入り口の扉へ背を預け、十字架の前で祈りを捧げる少女を見つめる。

彼女はその小さな体を静かにこちらへ向けると、愛らしい顔を厳しいものへと変えた。


「…何か、御用ですか」


…不機嫌、か。

ルトは小さく笑いながら、ロゼの元へと歩き始める。

「もう、そろそろ辺りも暗い。可愛らしいお嬢さんが、ひとりで出歩いていい時間じゃないよ」

ロゼは俺の言葉に、より一層眉間にしわを寄せた。

「…私、あなたのような軽そうな男性、苦手だわ」

…どうやら、俺ではこの表情を和らげることはできないらしい。

ルトは諦めたようにため息をついて、「ちょっとね」と言った。


「君と、話がしたくてさ」


目を細めて見つめると、ロゼは黙って俺を見た。

やがて真っ暗な窓の外を見つめ、「そうですか」と呟く。

そして、教会の奥の通路へと歩き始めた。

…これは、ついてこいということだろうか。

ルトは何も言わず、ゆっくりとその背中を追う。


この作品のキーワード
番外編  続編  ペルダイン  異世界  ファンタジー  奴隷 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。