「…シスターは?」


通路を歩きながら、辺りを見回す。

教会のなかはしんと静まり返っていて、俺たち以外に人の気配は感じられない。

「もう、奥の自室へ入っているのよ」

こちらへ振り返らず、ロゼは答えた。

なるほど。

教会のどこかに、シスターが過ごす自室があるのか。


白で塗られた通路の壁には、淡くランプが灯っている。

…ああ、いかにも教会だ。

こんなことが起こらない限り、俺は教会になんか足を運ぶ奴じゃないんだけど。

神に祈りを捧げるどころか、懺悔することさえ許されるかわからない。

…罪にまみれたこの身で教会へ入れば、冒涜として神の怒りを買ってしまう気がする。

まぁ、さほど神への信仰があるわけでもないし、深く考えはしないが。


はぁ、と小さくため息をついて、前を歩く背中を見つめた。

やがて横に現れた階段を上がると、ひとつの梯子が立てられた小さな空間にたどり着いた。

上を見上げると、天井の真ん中に四角い穴があり、そこから夜空が見える。

どうやらこの梯子は、教会の屋上へ伸びているらしい。



この作品のキーワード
番外編  続編  ペルダイン  異世界  ファンタジー  奴隷 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。