『その髪の色って、生まれつきですか?』


チェーリスの街を出発する、前日。

稽古が終わり、爽やかに汗を拭うクランへ、ジェイドはそう問いかけた。

ルトは今、向こうでラサバと話している。


『そうよ。母譲りなの』


結った銀髪がほどかれ、さらさらと揺れた。

髪を見つめる私へ、クランが微笑む。

『…珍しい、色ですね』

私の言葉に、クランは『貴女ほどじゃないわよ』と笑った。

『ジェイドさんこそその髪の色、私今まで見たことないわよ。生まれつきでしょう?』

『…はい』

言われて、自分の髪を見てみる。

…碧の髪。

好きにはなりたい、けれど難しい、髪の色。


『…クランさんは、自分の髪の色、好きですか?』


訊くと、クランは驚いたような顔をした。

慌てて、『深い意味はないです』と付け加える。

クランは優しく笑うと、『そうねえ』と言った。


『…孤児院にいたころは、よくいじめられたものよ。髪の色が変だって』


輝く銀髪に触れながら、彼女は話してくれた。


この作品のキーワード
番外編  続編  ペルダイン  異世界  ファンタジー  奴隷 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。