十年経っても、彼女の演技は魅力に溢れていて、その髪の美しさも健在だ。

ジェイドは無意識に、フードに隠した髪に触れた。

そして、微笑む。


「…私だけの、武器」


ぽつりと呟くと、ルトが不思議そうにこちらを見た。

「武器?」

ジェイドは、ふ、と笑って「内緒」と言う。

眉を寄せたルトに笑って、私は舞台で銀髪を揺らすクランを見つめた。


…『私だけの、武器』。

あのころよりも、私はこの髪を好きになれた。

この髪を、『生きる術』としてではなく、『魅力』として。

他の人の目に、どう映るかはわからないけれど。


あの銀髪の彼女のように、美しく見えていたら、いいなと思う。









この作品のキーワード
番外編  続編  ペルダイン  異世界  ファンタジー  奴隷 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。