少し視線を横に動かすと、見える男の姿。

目が合うと、彼は目を細めた。

「おはよ」

「………おは、よ…」


ガサ、と布の擦れる音を立てながら、私は起き上がった。

「………」


ぼうっとする頭を懸命に起こしながら、目をこする。

「眠い?」

隣で布をたたみながら、ルトが笑った。

「…ちょっとだけ」

そう言うと、何故か目を細める。

やはり、よくわからない主人だな、と思う。



「今日は、どこ行こうか」


ふたつめである、群青のテントをしまうと、森のなかでルトは昨日買った食物達を出した。



この作品のキーワード
番外編  続編  ペルダイン  異世界  ファンタジー  奴隷 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。