「…おい、レン……」

突然の行動に眉を寄せたルトがレンウを呼ぶと同時に。


…こちらをちら、と上目で見ると、レンウが私の手の甲に口つけた。


「はじめまして、綺麗なお嬢さん。レンウ・ゼリカです。偽名だけど、よろしくね」


にっこりと微笑むレンウと裏腹に、私とルトの顔は石のごとく固まっていた。

















この作品のキーワード
番外編  続編  ペルダイン  異世界  ファンタジー  奴隷 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。