『それにしても、あんたは本当に他人を信じないわね』


依頼屋としては正しいのかもしれないけど、とミラゼは言った。


『…別に、信じてないわけじゃない』

棚に並ぶ酒のボトルを整頓しながら、彼女は『信じてないも同然よ』と呆れたようにため息をつく。

俺はむっとして、すっかり冷めた紅茶を睨むように見た。

しかしミラゼはそんな俺にさえも、余裕そうな笑みで一瞥くれてきやがった。

『自分の良くないところを見せたら、嫌われるんじゃないかって思ってる。他人を信じない、恐れて何も言えない、ただの弱虫』

…そう、かもしんないけど。

俺がますます不満気な顔をすると、ミラゼはくすりと笑った。


『…今頃、どうしてるのかしらね。リロザにそれはそれは丁寧に迎えられて、楽しいひとときを過ごしてるんじゃない?』


もしかしたらリロザのこと好きになっちゃうかも、と冗談めかして言うミラゼに、『それは絶対ない』と言い返した。


この作品のキーワード
番外編  続編  ペルダイン  異世界  ファンタジー  奴隷 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。