「君、今墓穴掘ったよ」

レンウの言葉に、ルトが「あ、いや」と焦り出す。

しかし、レンウは先ほどよりも訝しげに眉を寄せていた。


「…え、いないの?彼女ひとり?」

「そーだよ」


逆に、私しかいないことに驚いているようだ。

「…………ルト……」

「あ、そこは怒るんじゃないんだ?あえて哀れむんだ?」

眉を下げて悲しい顔をしてみる。

…嫉妬できる、身分ではない。


「…君が、ひとりの女性をねえ。意外だなあ」

「お前、それ以上なにも言うな」

「ホント、僕には冷たいんだから。組んだ時だって、異様に風当たり強くって」


…やはり、この男は。


「………ルトと、同業の方?」


そちらの様子を伺いながら、訊くと「そうだよ」と意外にもあっさりとした答えが返ってきた。

…レンウ・ゼリカと名乗った、ルトよりももっと飄々とした男。


この男は、過去にルトと組んで仕事をしたことのある、依頼屋…



この作品のキーワード
番外編  続編  ペルダイン  異世界  ファンタジー  奴隷 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。