「イビヤさんと喧嘩したぁ?」


ミューザの街の、こっそりと隠れ家のようにつくられた酒場。

そこで、幼馴染であるミラゼはグラスを磨きながら、「そーよ」と唇を尖らせた。


「ええ…あの人が暴言吐くとことか、想像出来ないんだけど」


ルトはいつも通りカウンターで、彼女の恋人で相棒でもあるイビヤと、昨日喧嘩したという話を聞いていた。

ジェイドもまたいつも通り、ルトとは離れた席で酒場の連中に囲まれて楽しく談笑している。

「…違うわよ。私が一方的に怒ったの」

…だろうな。

あのイビヤが怒るなんて、考えられない。

むしろ、怒りながらにこやかに笑うような男だろう、彼は。

先程俺がイビヤについて話を振ると、途端に彼女は不機嫌な顔になってしまった。

いつも明るいミラゼだから貴重と言えば貴重かもしれないが、扱いが面倒なことこの上ない。

まあ、一度機嫌を損ねると俺もそれなりなので、人のことはとやかく言えないんだけど。


この作品のキーワード
番外編  続編  ペルダイン  異世界  ファンタジー  奴隷 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。