「きゃあああ!お祭り!人がいっぱいよ、タツビ!」


三日目の夜。

パラベの村にやってきた。

小さな村ながら、祝祭とあって賑やかだ。

どこからか音楽が聞こえ、華やかな衣装を見にまとった人々が歩いている。

ネオは、ぴょんぴょんと飛び跳ねて目を輝かせた。

タツビも同じように目を輝かせ、クンクンと鼻を動かす。

「美味いものの匂いがする…!なぁ、早く行こうぜ!」

ルトの手を引っ張り、前へ進もうとする。

私もネオに引っ張られながら、ルトの顔をちらりと見た。

…疲れた顔。

笑ってはいるけれど、絶対に疲れが溜まっている。

彼はやはり敵のことを気にしているのか、あれから恐らく、まともに寝ていない。

夜に、見張りをしていたのだ。

「ここ!これ食べたい!なぁ、ルトさん!」

「わかったから、引っ張んなって。ゆっくり満喫しよーよ」

興奮するタツビをいさめながら、ルトは歩いていく。

私とネオは、その後ろをついていった。

「わぁ、あの女の人、綺麗!」

道ゆく人々を見て、ネオが楽しそうに笑う。

踊り子だろうか。

派手な飾りをつけ、露出の多い服を着た女性とすれ違った。

この作品のキーワード
番外編  続編  ペルダイン  異世界  ファンタジー  奴隷 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。