「……………」


…しんと、静まり返った部屋で、私の涙が頬を伝う。

怒ってはいなかった。

すごく、切なそうで、悲しそうだった。


「…ごめん、ね……」


言わなければよかった。


あんな顔を、させるのなら。


この作品のキーワード
番外編  続編  ペルダイン  異世界  ファンタジー  奴隷 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。