ひとつめに、触れるだけのキス。

ふたつめに、少し長くて愛しいキス。

みっつめに、熱を帯びた激しいキス。


「…は……ルト………」


惚けた瞳で見つめると、深緑は益々怪しく光った。

「好きだよ」

柔らかい声が、頭のなかをなぞる。

優しい瞳が、段々と獣の瞳に変わってゆく。

その手が、私の服に手をかけるまで、そう時間はかからなかった。



彼は容易く、私に『生きる道』をくれる。

貴方の、奴隷として。

そして、貴方の相棒として。


きっとその道は、簡単なものではないのだろうけれど。


ふたりで、生きていくから。


…どうか、いつまでも。


貴方の隣で、笑っていられるよう。

















この作品のキーワード
番外編  続編  ペルダイン  異世界  ファンタジー  奴隷 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。