「一緒に寝たい」



そう、彼女が恥ずかしそうに言ってきたのは、港町を出て一週間後のことだった。


「………えっ?」


比較的栄えている街の、明るい夜。

大きな宿の一部屋で、ジェイドは枕を握りしめて、こちらを見ていた。


「…一緒に…て…いつも、一緒に寝てるじゃん」


彼女にしては珍しい、その甘えるような目に一瞬心臓が鳴ったのは、見ないふりをしておく。

ベッドに腰掛ける俺に、ジェイドは強く枕を握りしめて「ちがう」と首を横に振った。

一緒に、って、いつも同じベッドに寝ているのに。

ジェイドは目を伏せ、ますます頬を赤く染めて。



「…抱きしめて、寝て、ほしい」



…思わず、なにも言えなくなる。

目を見開いて固まる俺に、ジェイドは少し拗ねたような顔をした。


この作品のキーワード
番外編  続編  ペルダイン  異世界  ファンタジー  奴隷 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。