わかった上で、その想いごと手に入れた。

彼女はもう、俺から離れて生きていくことができない。


…だから、俺はジェイドを連れて行くのだ。

恐ろしい世界でも、暗い底無しの海でも。


…きっと、俺の想いのそれも、もうだいぶ狂いかけている。

だったら、同じだ。


なによりも強くて激しい想いで、お互いを繋ぐ。


俺の全ても、捧げようか。


この、時折甘い香りを漂わせて、こちらを見つめる。


美しい、翡翠葛に。








この作品のキーワード
番外編  続編  ペルダイン  異世界  ファンタジー  奴隷 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。