私は
皆から忘れられた女の子

誰も私を見ない


存在を否定される様な
苦しさと戦ってる



誰も呼んでくれない

自分の名前さえ忘れそう



賑やかな教室
いつも一人


この学校の中
一人ぼっち


クラスメイトの笑い声さえ
私には凶器



誰か助けて

気付いて

名前を呼んで



笑い掛けて………




※宗久シリーズ番外

短編です、気軽に読んで下されば光栄です
(#^.^#)

目次

この作品のキーワード
宗久シリーズ  学校  紫陽花  先生  梅雨