仕事を終えて、次の日朝を迎えた。







-ブー、ブー、ブー



え…






全身鏡の前で制服のスカーフを結んでいた途中、鳴りだしたケータイに思わず目を見開く。





ディスプレイには「黒崎」の文字。



私を雇ってる「あの人」の名前だ。





驚いてしまったのは、こうして朝に連絡がきたのは初めてだったから。






…人殺しの依頼?


まさか。


朝はありえない。






私は通話ボタンを押す。