九条先輩の言葉を理解する間もなく、







「う…!!」





体に激痛が走る。
















私は意識を失った。