★★★★★
こんな風に守られたい
かっこよく頭もいい一つ年上のお隣の幼なじみ。成長するにしたがって、疎遠になっていたのだけど、ある日偶然再会したかと思ったら、思いっきりからかわれた。だけど、その日からやたらと彼と会うこととなるのだけど――…

元カレとの再会が引き金となり、ある事件により、ミミは湊への気持ちを確認していきます。二人の縮まっていく距離と共に、湊の本当の気持ちや、オネェたちの登場でシリアスになるかと思うストーリーは、それほど重くなることもなく、スッと読み込めます。
実はミミのことをずっと守り続けている湊の愛の深さに感動します。

もっともっと、二人のこれからを読んでいきたいと思える作品です。

聖凪砂
13/10/03 12:03

>>新着レビュー一覧へ