「呼び出しておいて、待たせるとは。

波留の癖にいい度胸だな。」



「ごめんって。悪かったよ。」




これは喧嘩ではない。

昔からこうなんだ。

何かとふざけあっているだけ。



「仕方がないなっ。


で、こんな時間に呼びだして何?」



嘘。ほんとは私は、その理由に気づいてる。



「あぁー…、まぁ、とりあえず、

散歩みたいにそこら辺歩こうぜ。」



「なにそれっ。」



くすりと、私は笑った。


だけど、波留は笑わなかった。


やっぱりね…。


私は、やっぱり、とあることを確信した。