汐里が働く喫茶

「アンブレラ」

従業員の人達はみんなやさしく記憶喪失の彼女に暖かく接してくれる。
ある日彼女の前に現れた彼、高遠駿。

「記憶がないんだって?だからって甘えんな」

意地悪で冷たいでも時々みせる切なそうな瞳が気になる――…

…好きになったら迷惑ですか…?

この作品のキーワード
恋愛  記憶喪失  意地悪  喫茶店  紅茶 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。